防火標語自動作成(下の句自動作成)





チェックボックスにチェックを入れると、文字を引き継ぎます



Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加









  •     防火標語とは、防火意識を高めるための標語のことで、多くの自治体、学校などで募集されています。こうした防火標語は、防火に関する意識を高め、知識を広め、行動を促すためのPR活動としての募集・発表がなされることが多いようです。
        特に全国統一防火標語は、一般社団法人日本損害保険協会が、防火意識の高揚を目的として、1966年度から毎年、募集しており、啓発活動を行っています。
  • (1)防火標語の上と中の文字について自分のキーワードを入れ、「更新・再作成」ボタンを押してください。

    (2)画面が表示されると、自分が入れたキーワードが含まれた「5,7,5」の防火標語のキーワードが自動で表示されます。

    (3)残したいキーワードの前のチェックボックスにチェックをいれます。

    (4)チェックがはいっていないキーワードが入れ替わりますので、最適な標語になるまで「更新・再作成」ボタンを押してください。

    (5)自動で防火標語を作成したい場合は、関連リンクから防火標語自動作成 で作成してください。

    (6)防火標語の上か下の5文字について自分のキーワードを入れたい場合は、関連リンクから防火標語自動作成(上下5文字入力) で作成してください。

    (7)防火標語の中の7文字について自分のキーワードを入れたい場合は、関連リンクから防火標語自動作成(中7文字入力) で作成してください。

    (8)防火標語の中と下の文字について自分のキーワードを入れたい場合は、関連リンクから防火標語自動作成(上の句自動作成) で作成してください。

    (9)防火標語の上と中の文字について自分のキーワードを入れたい場合は、関連リンクから防火標語自動作成(下の句自動作成) で作成してください。

  • 消えてるか 火への鈍感 再確認

    火災の発生の原因は、火への鈍感が大きいです。まずは火への鈍感をなくすことから始めましょう。


    消したはず  火への油断を まず消して

    「消したはず」や「消しただろう」という油断が大きな火災をうみだします。まずは火への油断を消化しましょう。


    残した火 未来の夢も 消えてゆく

    火災によって失われるものは家財だけではありません。大切な未来というものも消えていきます。


    再確認 つけたら消すの 火のしまつ

    火災のもとは最後の最後まで確認する必要があります。つけたら消すといった行動を習慣とするようにしましょう。


    火の用心 いつも心に 注意力

    火の用心という言葉をいつも心においておくことで、火災に対して高い注意力を持つようにしましょう。
  • 防火標語ア行

    “あとで”より
    あげる安心
    アッそのまえに
    あなたが主役
    あなたが防火の
    あなたが離れる
    あなたです
    あなたです!
    あなたの火
    あなたの心に
    あなたの心の
    あなたの責任
    あなたの未来を
    あなたは火事の
    あなた次第で
    あぶない!
    あぶないよ
    ありますか
    愛はOK
    安心の
    新たな注意
    明日につなぐ

    防火標語イ行

    “いま”が大切
    いつも心に
    いま、燃えようと
    一部にしよう
    今捨てた

    防火標語ウ行

    うっかりと
    うっかりを

    防火標語エ行

    笑顔を守る

    防火標語オ行

    おとなりに
    恐ろしさ
    思う油断を
    置いてください