林材業労働安全・労働衛生標語


林業・木材製造労働災害防止協会の林材業労働安全・労働衛生標語です。

平成24年度林材業労働安全・労働衛生標語
入選作品の「危険予知 目配り気配り ゼロ災害」は、「配り」の単語で脚韻を踏んでおり、印象的な標語となっています。みなさんも安全標語作品作りには、頭韻か脚韻をふんで、リズミカルな作品となることを目指しましょう。

 

平成23年度林材業労働安全・労働衛生標語
入選作品の「進めよう健康管理 高めよう環境改善」は、「進めよう」「高めよう」で脚韻を踏んでおり、印象的な作品となっています。またよびかける形式になっており、より注意をひく作品となっています。

 

平成22年度林材業労働安全・労働衛生標語
入選作品の「ヒヤリハットで得た教訓 皆(みんな)で活かして0(ゼロ)災職場」には、有名なハインリッヒの法則のヒヤリハットというキーワードが上手に含まれており、印象的な作品となっています。

 

平成19年度林材業労働安全・労働衛生標語
作品の「かくれた危険 みんなで摘みとり 先取り安全」には、摘み取りという林業を意識したキーワードが含まれており印象的な作品となっています。できるかぎりその業界にあったキーワードを含ませることでより印象的な作品となります。

 

平成18年度林材業労働安全・労働衛生標語
http://www.rinsaibou.or.jp/cont04/items57/0457_idx.html#02
作品の「危険の芽 リスクアセスで 摘みとろう」 には、「芽」というキーワードが多少なりとも林業を喚起させ、業界にあった標語となっており印象的な作品となっています。

 

林材業労災防止協会は、林材業の「安全と健康」の確保を推進している協会で、林業と木材製造業の事業主が、作業者の協力のもとに行う自主的な労働災害防止活動の促進を通じて、安全衛生の向上を図り、労働災害の絶滅を目指すことを目的にしています。本部は、東京都港区の産業安全会館6階です。